佐々木合気道研究所 所長筆記

佐々木合気道研究所は合気道の研究成果の発表と著書の紹介を行っている個人の団体です(サイトURLはプロフィール参照)。

奥村土牛展 Togyu Okumura - Exhibition

2019.2.7

f:id:sasaki-aiki:20190208123734p:plain

 



奥村土牛展を見に、広尾にある山種美術館に行って来た。土牛は長寿の画家として知られる日本画家で、101才まで生きたが、100才を超えても制作を続けていた。今回は山種美術館が所有する土牛のコレクション135点の内60点が展示された。

日本画の展覧会ということでもないが、和装で出かけたお陰で入場料が割引になったのにはびっくりしたし、嬉しかった。この美術館が和装普及に貢献しようとしている事が日本人として嬉しかったのである。

音声ガイドを借りて、その解説を聞きながら見させてもらったが、実に素晴らしい絵であった。

まず、絵に嫌味がないことである。誇るところも、見せようとするところもなく、謙虚であるが、描いたものが画面を超えて広がり、こちらにも迫ってくる感じを受けるのである。これは後で分かったことであるが、土牛の人柄から来るもののようだ。次に、見えるモノより、見えないモノ、例えば、輪郭線や姿形が消えていき、川や海や滝の音や鳥のさえずり、心の動き等‥が主体となってくるのである。また、土牛の絵は、合気道で云う、宇宙との一体化があるようだということである。宇宙の心が絵に現れているように思えることである。これは後で調べて分かった事であるが、“土牛は折りにふれて大観から絵画論・芸術論の洗礼を受けるが、あるとき、大観からこういわれ深い感銘を受ける。いわく、「君、絵というものは、山水を描いても、花鳥を描いても、宇宙が描けなかったら、芸術とは言えないよ。鳥を描くなら鳥の声も聞こえなくてはならぬ。それが宇宙の生気というものではないか」”とあり、この教えに従って描いたためであろう。

今回の展覧会で、少し絵の見方が分かったようで嬉しい。それは絵を目だけで見るのではなく、心で観るということである。顕界から幽界に入り、顕界と幽界の境界線(多分、後では幽界)で見るのである。そうすると絵の心、作者の心、宇宙の心が観えてきて面白いのである。

それではどうして心で絵を見る事が出きるようになったかというと、合気道の教え、天の浮橋に立って観るのである。阿吽の呼吸で天の浮橋に立って絵と対話するのである。

次の絵の展覧会が楽しみである。 

Togyu Okumura - Exhibition

I went to the Yamatane Museum in Hiroo to see the Okumura Togyu - Exhibition. Togyu is a Japanese painter known as a longevity painter, living to 101 years old, but he continued his work even if he was over 100 years old. This time 60 items of 135 Togyu- collections owned by Yamatane-Museum were exhibited.

日本古武道演武大会 Japanese Old Martial Arts Performing Competition

f:id:sasaki-aiki:20190203141920j:plain


2019.2.3

毎年、催しされている古武道演武大会が日本武道館で開かれたので見せてもらった。今回から有料となったので、入場券を初めて買って入場した。これまでは招待券や無料で見せて貰ったが、常々、有料にすべきだと思っていた。日本古武道は日本の素晴らしい文化であり、後世に残すべき遺産であり、人類の財産であると確信するからである。

出場流派は35流派であった。有料になった事もあるだろうが、演武も会場の雰囲気も例年になく緊張感に満ちたいた。これまで最高の古武道演武大会だったと思った。

今回は、特に剣術と居合を集中して見させて貰ったが、いい勉強になった。これからの合気の稽古に活かされるだろうと思う。

また、来年の日本古武道演武大会が楽しみである。

 

Japanese Old Martial Arts Performing Competition

Every year, I went to see the ancient martial arts competition being held at Nippon Budokan. It is because Japan's old martial arts is a wonderful culture of Japan, it is a legacy to preserve in posterity, and it is convinced that it is a property of mankind. The school of participation was 35. As the entrance fee was charged, it seems that the performance atmosphere and the atmosphere of the venue seem to be full of tension without being in the usual year. This time, in particular I got to concentrate on fencing (Kenjutsu) and Iiwa, and I got a good learning..

秩父神社 Chichibu Shrine

f:id:sasaki-aiki:20190208124200j:plain


2019.1.27

温泉に入りたくなり、また、いつも行っている西秩父駅の「祭の湯」に行った。まだ、時間が早いし、陽射しも気持ちがいいので、この辺りを散策することにした。当てもないので、西秩父駅で降りた人たちの後をついて行くと大通りに出る。古い建物やお店があり、興味深く見ていくうちに神社が見えて来た。それは秩父夜祭でも有名な秩父神社であった。本殿にはお参り客が大勢列をなしていたので、横からちょっとお参りさせてもらい、本殿を正面、横、後ろと一周した。この本殿は日光の東照宮風の素晴らしい彫刻が施されており、鬼門に当たる横の面には、日光のねむり猫を彫った左甚五郎の作「つなぎの龍」が彫られていた。

永禄12年(1569年)に武田信玄の侵攻によって旧社殿が焼失し、家康公の関東入国をもって再建されるわけだが、この地は徳川家の直轄地ということで、このように煌びやかな神社がつくられ、維持されたのだろう。

毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財と重要有形民俗文化財に指定され、京都の祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭のひとつに数えられていると、秩父まつり会館で知った。

いいものを見た後の風呂はまた格別だった。

 

Chichibu Shrine

I went to Chichibu Shrine famous for Chichibu night festival.

This main shrine was decorated with the wonderful sculpture of Nikko-Toshogu style, and on the side was a dragon of Jingoro Hidari carved Nikko's sleeping cat.

The annual festival "Chichibu Night Festival" held on December 3 every year is designated as important intangible folk cultural property and important tangible folk cultural asset of the country.

多田宏先生の著書『合気道に活きる』 Tada sensei’s book ”合気道

sasaki-aiki2019-01-23

2019.1.22
今年も合気会賀詞交換会に出席し、多くの先生や友人や知人と挨拶を交わした。この交換会には毎年、参加させて頂いている。友人、知人と健康を確認・感謝し、今年も合気道を頑張ろうと誓い合うのが楽しみだが、もう一つの楽しみがある。それは本部道場の師範である多田宏先生にご挨拶させて頂く事である。間もなく90才に成られる矍鑠(かくしゃく)とした先生に接し、ご挨拶するのである。
先生は、今年も3月から3回にわたってヨーロッパに合気道の講習会にお出かけになるとのことで、ますますお元気であることに元気を頂き、自分も頑張らなければならないぞと自分に言い聞かせた。

そして先生は、最近、本を出されたので私に送って下さるといわれたので、連絡先をお教えし、楽しみに待っていたところ、先生のご著書『合気道に活きる』が届いた。
合気道に活きる』は平成24年から2年間、日本武道館発効の「武道」に連載された多田先生の「稽古に励む」をまとめ、平成30年10月発行されたものであるという。
内容は目次に従えば、多田先生の「生い立ち」から始まり、「師との出会い」では、松濤 船越義珍先生、植芝盛平・吉祥丸先生、中村天風先生等との出会い、「生き方の方針」では、植芝道場の先輩(白田林二郎先生、阿部正先輩等)の教え、「植芝盛平先生の教えと稽古」では、気の錬磨、合気道の心、稽古と法、稽古の目的、人の生き方、機について、練る、自然な動き、場を主宰するなどの教えと稽古、「合気道の普及」では、合気道の発展、ヨーロッパの合気道合気道の国際的普及について等‥が書かれている。

多田先生が自ら体験し、会得された事、先生や先輩から直接聞いた話等‥我々がこれまで未知だった貴重な話が数多く紹介されている。合気道を稽古する者は、是非、知っておくべきだと思う。
合気道がここまで来るまでにはいくつかの転換期があった。合気道を創られた植芝盛平先生や諸先生や先輩達のご努力やご苦労を知っておくべきだろう。また、合気道をどのように修業していけばいいのか等がよくわかる本である。
合気道家には一読をお薦めする。

合気道に活きる』の出版元である日本武道館刊行物事業へのアクセス:
http://www.nipponbudokan.or.jp/shupan

Tada sensei's book ”合気道に活きる"(Living in Aikido)

Mr. Hiroshi Tada, a teacher at the Headquarter Dojo, sent me a book ”合気道に活きる”(Living in Aikido)written by the teacher
"Living in Aikido" is summarized Mr. Tada's "KEIKOに励む”("Strive to KEIKO")
serialized in "Budo" for 2 years which was issued from the year of Heisei 24.
The book was issued in October, Heisei 30.
It is a wonderful book and I recommend you to read it .

大宮氷川神社 Omiya Hikawajin Shrine

sasaki-aiki2018-12-31

2018.12.31
今年も大晦日のお参りを大宮氷川神社でしてきた。遅くなると大混雑するので、まだ明るい内にお参りすることにしている。でも、屋台は建ち、営業準備をしていたし、何軒かは営業を始めていた。消防士たちが火器に関する点検をし、警察も混雑に対応するための準備をしていた。
拝殿前からお参りするために短い行列に10分ほど並んだ。3列で同時にお参りするので、じっくりお参りできなかった。ただ、今年の健康で過ごせ、稽古ができた御礼を申し上げた。
次回からは列に並ばずに、横からじっくりお参りすることにした。
大宮氷川神社に毎年お参りするのは、埼玉県近辺に約200社ある氷川神社の総本社であること、祭神が須佐之男命であることなどである。また、東村山駅から大宮駅は、一度の乗り換えで一時間ほどで行くことができる。
人混みが無くなるころ、初詣にくることにしている。
Omiya Hikawajin Shrine
This year I also went to Omiya Hikawajin Shrine to visit New Year 's Eve.
I thanked God for the good health of this year and my thanks to Aikido practice.2018.11.26

祭の湯 Matsuri-hot spring

sasaki-aiki2018-12-02

2018.11.26
久しぶりに温泉に入ってきた。今回の目的は、温泉に入ることもあるが、メインの目的はワインであった。この間行った時に見つけたワインが美味しかったので、また買おうと思ったのである。このワインは2,600円と通常飲んでいるものより多少値段が高かったので、試しに一本買ったのだが、飲んでみてその価値があることが分かったのである。
何故、このような値段になっているのかは容易に分かる。このワインは「日本ワイン」なのである。味は外国のモノに引けを取らないし、何といっても、葡萄も国産、製造も国内なのである。近郊の秩父で取れる葡萄を秩父で製造したのである。多少、高くてもいい。今回は、赤と白の二本を奮発した。
さて、今回の温泉では素晴らしい発見があった。お湯のなかで、片手取り呼吸法や一教の息づかいでイメージトレニングをしていると、気を感じることが出来たのである。これなら、手や体に頼らないで、気で相手を倒すことが出来るようになるはずだと思ったのである。アルキメデスの原理を風呂で発見したアルキメデスの気分である。
いい湯だった!
Matsuri-hot springI entered a hot spring after a long absence. The purpose of this time is to enter a hot spring, but the main purpose was wine.
Well, there was a wonderful discovery at this hot spring. I was able to feel a “Ki” when I was doing image training in hot water. It is the mood of Archimedes who discovered the principle of Archimedes in the bath.
It was good bath!

東山魁夷展 Kaii Higashiyama Exhibition

sasaki-aiki2018-11-20

2018.11.19
六本木にある国立新美術館で開催されている「生誕110年東山魁夷展」を見に行って来た。代表作である《道》《残照》《緑響く》のほか、ヨーロッパや京都の古都の面影を描いた風景画など約70件が展示されていた。
同展は6つの章に分かれて展示されていた。1章.国民的風景画家 2章 北欧を描く、3章 古都を描く・京都、4章 古都を描く・ドイツ、オーストリア、5章 唐招提寺御影堂障壁画、6章 心を写す風景画である。
風景画が、特に素晴らしく、印象的だった。重なり合っている山の木を一本一本丁寧に描いていて、それらの木々や山が生き生きと感じられるのである。大きなカンバスによくぞこれだけ画けたものだと、その根気、執念、丁寧さ、優しさ、正直さに感服した。
音声ガイドをつけて、絵の解説を聞きながらまわったが、その中に東山画伯の声も入っていた。そしてその画伯のお話で、どうしてこのような素晴らしい絵が出來たのかが理解できた。画伯は、生物も人も生かされているわけだから、草木などと人との出会いは偶然である。その偶然の出会いから、愛と美が生まれるというのである。その目で東山画伯の絵を見ていると、画伯が一本一本の木に愛を持ち、対話をして描いているように思える。また、静寂な絵ではあるが、動きがあるのである。特に、唐招提寺御影堂障壁画の《濤声》はダイナミックな動きを感じる。岩が波に負けまいと盛り上がり、浪が激しく渦巻き、風が舞う。岩や波や風と対話しながら、かれらの心を描いたように見える。
素晴らしい絵を見せて貰い、東山魁夷展と東山魁夷画伯に感謝する。
Kaii Higashiyama Exhibition
I went to see the "Birth 110 Years Higashiyama Kaii Exhibition" held at the National Art Center, located in Roppongi. In addition to the masterpieces "Road", "Afterglow" and "Green Echo", about 70 items including landscape paintings depicting European and the ancient capital of Kyoto were on display.
The artist said that living things and people are made alive, so encounters between plants and peoples are coincidental. From that a casual encounter, love and beauty are born. When looking at the picture with that eyes, it seems that the painter has love in each tree and draws a dialogue on the pictures.